FC2ブログ

春風駘蕩

画家 山本もえ美のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

個展が終了いたしました。

スパンアートギャラリーさんでの個展『異次元に遊ぶ』が、無事終了いたしました。
お忙しい中見に来て下さったみなさま、どうもありがとうございました(^^)
今回は会期中はほぼ画廊にいることができたので、沢山の方とお話でき、充実の1週間でした。

次回は来年の4月22日より、同じくスパンアートギャラリーさんにて『きのこ展』に出品させていただきます。
まだきのこを描いたことが無かったので・・・初きのこです。乞うご期待!

いつまでも遊ぶ
<いつまでも遊ぶ>(個展出品作より)
  1. 2016/12/06(火) 22:30:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展のご案内

spanart用


みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。
なんと、約2年半もブログを更新していませんでした・・・。ひさしぶりすぎてどう書き出したらいいのかわからない。(笑)
さてさて、個展のお知らせです!

『異次元に遊ぶ』
会場:スパンアートギャラリー
日時:2016年11月26日(土)~12月1日(木)
OPEN 11:00~19:00(最終日は17:00まで)

約1年ぶりとなる個展です。新作・旧作合わせまして10数点展示いたします。
今回はポストカードも販売する予定です。是非ご高覧ください(^^)

スパンアートギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル1F
TEL:03-5524-3060 FAX:03-5524-3103
E-mail:info@span-art.co.jp
  1. 2016/10/11(火) 11:53:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北温泉


今日はサンドイッチと水筒を持ってふらっとドライブに行くことにした。
行き先は思いつきで北温泉に。

DSC_0244.jpg
味があります・・・

DSC_0245.jpg
玄関

旅館は江戸・明治・昭和三代の木造建築が現役で使用されているらしい。

中に入ってみると、こ、これは・・・!!
昔にタイムスリップしたような雰囲気であります。

中はなんとなく写真を撮るような雰囲気ではなかったので写真はありませんが、物凄く良いです。
ここ最近行った場所で、ベスト3に入るくらい良かった。。いや、ナンバーワンかも。。

ちょっと脱線しますが、私にとっての建築物の評価ポイントは、いかにそれが浮世離れしているかによります。
夢と同じで、時代や空間性からどれだけ逸脱しているか、というのが最大のポイントです。
1年以内に行った建物で言えば、駒込のカプセルインホテルがダントツだった・・・。

栃木に住んで3年にもなるのに、こんな不思議空間が身近にあったのかと思うと、かなり悔やまれます。。

中をちょびっと。

DSC_0247.jpg
まるで悪夢のよう・・・

DSC_0250.jpg
天狗の湯は混浴です…

外観からは想像できないくらい、中は複雑に入り組んでいます。3つの時代の建造物が入り組んでいるので、こんな冷ややかな白壁が・・・と思いきや、大昔のトイレが突如現れたり、謎の油絵や仏壇が唐突な場所にあったりと、かなり幻想的です。。

宿泊もできるらしく、行きたくても行けなかった怪しげな部屋まで行けるのかと思うと、これは一人でも頑張って泊まろうかなという気にすらなります・・・。
常連のおばちゃんの、「ごはんがね、つやっつやでね、ものすごく美味しかったのよ~」という声を聞き、ますますその思いを強くして温泉を出たのでした・・・。

これからは山菜の天ぷらとかも出るんだろうなぁ・・・いいなぁ。。

北温泉公式サイト




  1. 2014/04/15(火) 23:07:05|
  2. 未分類

VOCA展

一昨日をもちまして、VOCA展は終了いたしました。

見に来てくださった皆様、どうもありがとうございました!

早々に昨日作品が返ってきたのであるが、大きな会場で見るのと、小さい我が家で見るのとではまるで大きさが違う・・・。
壁がひとつ埋まりました。
夢を見ていたい気分のときは、この壁を眺めるのも悪くないかもしれない・・・。







  1. 2014/04/01(火) 19:16:05|
  2. 未分類

鹿首 Vol.5

雑誌『鹿首』の第5号が刊行されました。
なんと表紙は私であります。
ジャケ買いしたい、、もしくは詩や俳句、評論などに興味をお持ちの方は、是非ご覧になってみてください。
今月号のテーマは[死は祀り]です。
小生は詩と若干の俳句、絵画を載せさせていただいています。


sikakubi-vol5(web).jpg

詩・歌・句・美の共同誌 『鹿首』 2014 第5号 
特集 死は祀り 
定価 (本体953円+税)
巻頭俳句/内田正美、特別寄稿作品/山口椿 ほか

(取扱店)
古書 ほうろう
古書 往来座

  1. 2014/03/27(木) 20:06:17|
  2. 未分類
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。