春風駘蕩

画家 山本もえ美のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嬉しい偶然

昨日久しぶりに東京に行ってきた。
『貴婦人と一角獣』展を見に行ったら、近くで偶然にもレオ・レオーニ展をやっていた。
レオ・レオーニさんが書いた『平行植物』マニアである私は、興奮さながらに
この嬉しい偶然に乗っかって、渋谷BUNKAMURAへと足を運ぶ。

images (23)

絵本がメインではありましたが、ちゃんと平行植物のコーナーもあって、見たかったあんな絵やこんな絵の原画を見ることが出来、大満足。。

そう、先日の個展のタイトル「平行家族」も、実は「平行植物」に影響を受けまくりのタイトルだったのであります。。。


images (24)
平行植物はこんな感じ。

絵本がメインとあって、子供たちがたくさん。真っ先に平行植物のコーナーに行って微動だにしない私は、完全に浮いていたことでしょう。

また、『貴婦人と一角獣』展で買った図録に、思いもよらぬ発見が。

京都の古本屋でジャケ買いした、『悦樂園園丁辭典』塚本邦雄 の表紙に描かれてある絵の情報が書かれてあるではないですか!

201201091246142bb.jpg

ジャン・フーケさんの《ヴァンドームの法廷》という絵らしい。ジョバンニ・ボッカッチョ『名士列伝』仏訳本の挿絵とな・・・。
いつの時代の誰の絵なんだろうとずっと気になっていたので、すごいスッキリしました…。

その後、お世話になっているギャラリーの羽黒洞さんが携わっている、パークホテル東京の展示を見に行く。Aphros_song.jpg
西田弘英「song」/アクリル/φ290?/2012

ART colours vol.6「YOKAI TOUR」展
パークホテル東京

高級感あふれるフロントに、妖怪をテーマにした涼しげな作品が品良く配置されていて、かなり格好良い。
しかし泊まらない私は、この場所にいていいものかと、若干挙動不審ぎみでした・・・でも、見に行くだけでも、良いのですね。

その後は、次号から参加させて頂くことになった、詩・歌・句・美の雑誌『鹿首』の会議に。
秋口にそのグループ展に参加させて頂くことになりました。
雑誌の紹介も含め、またブログでご案内しようと思います。



スポンサーサイト
  1. 2013/07/15(月) 20:28:28|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。